店長さん必見!ブラック企業が店長を使い捨てにするロジックはこうだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラック企業が実践する「店長を使い捨て」にするためのロジックを簡単にご説明します。

自分が置かれている状況が当てはまるなら、自分の会社がブラック企業だと思うなら、悩まずにさっさと辞めてください。

フランチャイズ

赤・青・黄(本文とは関係ありません)

 

新興宗教のようなフランチャイザー(本部)

私が関わったFCビジネスのフランチャイズ本部は、創業者がカリスマ的な存在で弁舌鮮やか、まるで新興宗教の教祖様のような存在でした。

そのFC本部会社は積極的な出店攻勢で行け行けどんどん!

会社は、上場を目指しており、社員の多くが株式公開によるキャピタルゲインを目論んで社員持ち株制度で株を購入。

社員はやる気満々、活気にあふれていました。

数年後、めでたく上場を果たしましたが、新興宗教的な経営理念について行けず、公開後は驚くほどのSVや社員が退職していきました。

公開後に創業者社長の醜聞が発覚し、社長職をしりぞいた会社です。

そのFC本部がいかに店長を使い捨てにして業績を拡大して行ったかをご説明します。

 

まず、新卒を大量に採用する!

会社は直営店の店長候補として大学新卒を大量に採用します。数年後には半分近くが退職するのを見越して大量に採用します。

短期間の研修後すぐに直営店舗へ配属、先輩の店長の下で店舗管理・売上を上げる為のイロハを学ばせます。

入社式

 

同期入社を店長として配属し、競わせる

直営店の先輩店長の下で教育を受けた新卒社員達は、早ければ半年後、遅くとも1年後には店長として各地へ赴任します。

(このFCモデルは、店長としての特別な知識や経験が不要で、FC加盟店は2週間程度の本部研修で店長職が出来るのが売りです)

店長赴任時に赴任先店舗の売り上げ目標を宣誓させ、同時に希望する月給額(給料)を宣言させます。

希望給料は、成果主義を徹底させる目的と、目先の給与が高ければ店長のモチベーションがあがるので宣言させます。

高額な希望額を言ったとしても最終的には賞与で調整される為、年収レベルでは他の同期と実質的な差はつきません。

ここからが店長の地獄のはじまり…

赴任直後はやる気満々で、サービス残業・休日出勤は当たり前!

同期の店長に負けまいとしてひたすら身を粉にして頑張ります。

つまり、同期入社を同じような環境に配属し、ライバル心を刺激して「やる気」を出させるわけです。

 

半年・1年での転勤を繰り返す

新たに赴任した店長は、数字達成のために馬車馬のごとく頑張ります。

店長が頑張れば、不思議と売上は上がります。

店舗立地・商品・市場規模に関わらず能力がある店長はどの店に配属されても確実に前年比を上げてきます。

ただし、これら店長の能力とは「いかに残業をしたか」「いかに休日出勤をしたか」に尽きます。

数字が上がり売上が落ち着いてくると、次に店長を襲うのは「燃え尽き症候群」です。

強いストレスのもと必死に頑張って、目標を達成すれば「達成感」があるものの、打ち込む物が何もなくなったという虚脱感に襲われます。

会社は、店長が「燃え尽き症候群」に陥るころを見計らって新たな店舗への異動を命じます。

すると、店長は心機一転新たな目標のもとでまた馬車馬のように働きます。

会社は、店長を短期間で異動させ、新たな目標を与え続けるることで店長のモチベーションを維持させるわけです。

しかし、異動を繰り返す間に店長の心と体は確実に蝕まれ、疲れ果ててやがて辞めて行きます。

会社は、いずれ辞めていくのは織り込み済みで大量に採用しているので予備軍はいくらでもいます。

つまり、ブラック企業にとって店長なんて所詮は使い捨てなんです…

 

新卒の学生さん!志望企業の損益を同業他社と良く見比べてくださいね!

新卒学生さん、就職しようとする会社の損益を良く見ましょうね!

同じ業種で突出した利益を出している会社は、搾取(人をこき使う)によって利益を出しています。

例えば、吉野家・すき家・松屋などです。すき家の損益が一時期良かったのは、問題になった「ワンオペ」なんかを平気で強いる企業体質があったからです。

ブラック企業の代名詞と言われる和民なんかも、成熟した居酒屋業界の中で突出した利益を出せるのは社員を使い捨てにすればこそです。

志望する会社の企業体質、企業文化をよく研究しておくべきです。

 

現役店長さん!自分の会社がブラック企業だと思うなら、悩まずにさっさと辞めてください!

悩んでいる店長さん、サービス残業を繰り返している店長さん、「うつ病」になんかなったら一生台無しですよ!

苦しいならさっさと辞めてしまいましょう!!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください