放牧中のメス牛にはGPSが取り付けてあるのを知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

牛の繁殖のためには、メス牛の発情期を正確に知る必要があります。その発情期を知る為にメス牛にはGPSが取り付けてあります。

牛の交配

メスとメスが交配?

牛の行動パターンをGPSで調べたい(牛の万歩計)

戦車にGPSを取り付けて! 演習ならではの嘘のようなお話!」と同じくお客様よりGPSについてお問い合わせの電話…

お問い合わせの内容は「牛にGPSを取り付けたい!」「牛の万歩計として使いたい」

は?なんで牛なんかにGPSを?

メス牛は発情期になると行動が活発になる

お客さんのお話では、牛の繁殖のためには発情期を正確に知る必要があるそうで、発情期をいち早く知り確実に交配を行う必要があるとのこと。

放牧中のメス牛は、発情期になると歩数が増えるなど行動が活発になる特徴があるのだそうです。
以前は、万歩計で歩数をはかるなどしたそうですが、不正確なのと行動パターンが読みにくい為使い物にならなかったそうです。

そんな中、GPSによって行動パターン調べる商品が出始め、より正確に発情を察知できるようになったそうです。

 

GPSの首輪は1本20万円

その当時の首輪は1本20万円で、数十頭もいれば軽く1000万を超えるGPSシステムだそう。

数が多いと、発情を見過ごしてしまい、効率的に繁殖できないために高額なシステムが必要でしょうが、小規模酪農のお客様にはとんでもない金額。

高額なGPSシステムは事務所に居ながらにして遠隔監視が出来るけれども、そこまでは必要ない。

必要な部分は人力でカバーするので安いGPSを試しに使ってみたい…との事でした。

牛用GPS

 

ご要望にお答えして数台を販売

テスト的に何台かをお売りしたのですが、追加注文が無かったのでうまく行かなかったのかもしれませんねぇ!?

その後も「牛に使用したい」との問い合わせが数件あったのですが、これこれしかじかを説明して成約に至らず・・・。

最近は問い合わせの電話も無いのできっと安価な牛用GPSシステムが出来たのであろうと勝手に思う今日この頃です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*